株式会社と合同会社

今回は法人(会社)の設立について書きたいと思います。

 

まず、事業を行う法人の種類として、大まかに5つの形を検討することができます。

合名会社、合資会社、株式会社、合同会社、社団法人、の5種類ですが、事業を行う法人としては、通常は株式会社か合同会社の選択肢になります。

 

では、株式会社と合同会社の2つを違いを挙げてみます

まずは費用についてです。

おそらく一番関心があると思われるので項目を別にしてみました。

 

費用

 ※すべてご自身で手続きを行った場合で、あくまで目安です

 

資本金の額や専門家に依頼した場合などで変わりますが、上記のとおり、定款認証手数料や登録免許税の差額により、合同会社は株式会社より、約14万円ほど安く設立することができます。

創業時はいろいろとコストがかかるものですから、14万円の費用を抑えることができるのは、合同会社の大きなメリットになります

 

その他

費用以外の主な相違点は上の表のようになります。厳密には他にもありますが今回は割愛します。

 

上から順に解説していきます。

 1 役員の任期

    株式会社の役員(取締役、監査役)には任期があり、任期のたびに役員の変更登記が

    必要になり費用もかかります。これを怠った場合には過料、いわゆる罰金が科せられます。

    合同会社にはこのような事はありません。

 2 社会的信用度

    合同会社は認められるようになってまだ約10年ほどしか経過していないため、

    認知度が株式会社に比べて低く、それにあわせて信用度も低くなる傾向があります。

 3 決算公告

    合同会社には決算公告の義務はありません。株式会社の場合は年間約6万円から7万円ほど

    かかります。

 4 配当について

    株式会社は出資割合(持株数)によって利益が配当されますが、合同会社は定款に定めておけば

    出資割合に拘束されることなく自由に配当できます。

    

以上をまとめると、

単純に費用を抑えたい場合には、合同会社を選択するのもアリかと思われます。

設立費用も株式会社より安いですし、決算公告の費用もかかりません。

任期ごとの役員の登記もありません。

しかしながら、株式会社の知名度、信用度というものも捨てがたいものではあります。

お店の名前に屋号を使われる方や、一般の消費者に対して事業を行う方は、影響はそれほど無いと考えられますが、一般企業に対しては、いまだに若干のリスクも存在します。

上記等の状況を考慮した上で、選択されるのが良いと思います。

 

ちなみに合同会社を設立後に株式会社に変更することも可能です。