債務整理のご相談

司法書士事務所によって、扱う業務の専門性があったりします。

 司法書士藤井事務所では、様々な案件に柔軟に対応することを目指しています。

 

どんなご相談かに関わらず、初めて訪れる法務事務所、敷居が高いと感じている方がほとんどです。

今回は、債務整理のご相談について、どんな対応になるのか、受任までの流れをご案内します!

※司法書士によっては、債務整理を扱わない事務所もあります。

お近くの司法書士事務所で債務整理をお考えの方は、事前のお問合せをオススメします!

 

テレビやラジオ、電車の広告などで「債務整理」という言葉を見聞きされる方が多いと思います。

債務整理のご相談にいらっしゃるお客様は、その多くが不安な気持ちでいっぱいです。

お一人で悩んで悩んで・・・思いつめて・・・という方が多いです。

法律相談に行くこと自体が、大きなハードルでしょう。

でも絶対に解決方法はあるので、弁護士でも司法書士でも、是非一度ご相談下さい。

ご相談が終わると「もっと早く来れば良かった」と言っていただけることが多いです。

色々アドバイスを受けた上で、依頼するかどうかは、ご相談後に決めても良いのです

私は、悩んでるお客様には「一度お家に持ち帰って、検討して下さい」とお声がけしています。

なので【相談=債務整理の覚悟】と重く考えず、安心してご来所下さい!

 

 

 

では、弁護士・司法書士の先生方によって方法は様々だとは思いますが、弊所における債務整理受任までの簡単な流れをご説明します。

 

1.ご相談

まずは、お客様の債務状況把握のためのヒアリングを行います。

キャッシングや返済に使用しているカードをお持ち頂くだけでも、立派な資料です。

他に、毎月の請求書、契約当時の契約書、督促状等があれば良いのですが、全く資料がない場合でも、方法はあります!

ちょっとご面倒ではありますが、各信用情報機関でご自身の信用情報を取得して頂けば、だいたいの債務状況を把握することができます。

なので、何も資料がない・・・という方、ご安心下さい!

 

 

2.ご提案

ヒアリング後、だいたいの状況が見えた場合は、債務整理の基本方針をご提案します。

(あくまで「基本方針」なので、いざ受任して債務の状況が想定外だった・・・という場合は、方針変更になる可能性もあります。)

「任意整理」「破産」「民事再生」のうち、お客様の状況に合ったものをご案内します。

勿論、お客様によっては「破産は絶対したくない!」という方もいらっしゃいます。

「ブラックリストに載るんでしょ・・・?」と躊躇される方もいらっしゃいます。

メリット・デメリットを含めてのご説明になります。

 

司法書士への報酬も気になるところですよね。

着手金のお支払は分割も承ってますので、ご相談下さい。

(一括でお支払いされる方は、稀ですよ!)

お客様の収入等によっては、法テラスの利用をおすすめすることもあります。

 

案件によっては、司法書士ではなく弁護士さんにお任せした方が、お客様にとって良いケースもあります。

その場合は、弁護士の先生をご紹介することも可能です。

 

それぞれのケースにあった、最善の方法をご提案したいと思います。

 

 

3.ご依頼

一通りのご説明にご納得頂けたら、そこで初めて契約となります。

まだ迷っていたり、ご家族ともう一度相談したい、他の事務所にも聞いてみたい等々あると思います。

その場合は、持ち帰ってご検討下さい。

と申しましても、一度ご相談を受けた者として、一度は「どうですか?」とご連絡は差し上げます。

その時に「いや、今回は見送ります」とご回答頂ければ、しつこくお電話したりしないので、ご安心下さい

 

ここまでが、最初のご相談日の流れになります。

 

 

 

4.受任通知発送

ご契約頂きましたら、直ちに受任通知を発送します。

同時に、返済は直ちにストップして頂きます。

お客様の、当初から現在までの全ての取引履歴(いつ・いくら借りて、いくら返したのか)を、債権者から取り寄せ、債権調査を行います。

債権調査後、ご提案した債務整理の方針を変更する必要が出てくる場合があります。

その場合は、再度お打合せとなります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからは、それぞれの方針にあった対応になっていくので、また別途ご説明の機会を。

さて、債務整理は各債権者から履歴が出てくるまで、お時間を要します。

債権調査が終わってから具体的な処理に入っていくので、半年以上かかるケースも多いのです。

お客様によっては「まだ終わらないの?」「こんなに時間がかかるなんて、ちゃんと解決するのか不安」という方もいらっしゃいます。

ご心配な場合は、お気軽に進捗のお問合せを下さい

現状のご説明を致します。

 

 

悩んでる方の債務整理に対するハードルが、少し低くなれば嬉しいです。