過払い金って本当に戻ってくるの?

テレビCMで「過払い金」はすっかり周知されました。
返済で困っている方は、期待しますよね(^_^;)
過払い金を期待して債務整理のご相談にいらっしゃる方も多いので、【過払い金】のお話をしたいと思います。


そもそも過払い金とは何なのか。
「払いすぎた利息」です。
借入が100万円未満の場合、利息制限法という法律で、上限金利は18%と決められています。
ところが 2007年頃まで、多くの貸金業者は出資法に基づいて、上限29.2%の利息で貸付を行っていました。
単純に29.2-18=11.2%、余分に利息をつけて返済をしていたわけです。
基本的に、この11.2%を取り戻す手続きが、過払い金返還請求です。

1.2007年より前から借り入れを始めた
2.長い期間、返済を続けていた
3.完済する前に任意整理等をしていない

この3つの要件を満たしていると
過去に完済した借金の場合…過払い金が発生している可能性が高いです。
まだ完済していない借金の場合…現在の残債務が減額になる可能性が高いです。

ただ、過払い金が発生しているかは、債権者から取引履歴を取り寄せて計算するまではわかりません。
ご依頼人からヒアリングをした感触で「発生しているだろうな…」と思っても、実際に計算してみると全く過払い金が出ないケースも多々あるのです。
「これは過払いでますよ!やりましょう!」と断言できるものではないです。


過払い金返還請求には、もう1つハードルがあります。
計算して過払い金が発生していたとして、果たして返還されるかどうか。
過払い金請求に対して、直ちに満額を速やかに返還してくれる業者は…いません!

アラサー・アラフォーの方は「武富士」という大手消費者金融があったこと、ご記憶にあると思います。
2010年に経営破たんしましたが、原因は過払い金の返還にありました。
武富士のように経営破たんしないまでも、いずれの貸金業者も、過払い金請求によって窮地に追い込まれました。

そういう状況なので、少しでも減額できないか、業者から和解の提案があるのです。
例えば、計算した結果100万円の過払い金が発生している場合「6割の60万円で和解できませんか…?予算が決まっているので、3カ月後のお支払いでお願いします…」といった感じです。
これはまだいい方で「返せるお金がありません!0円で和解して下さい!」なんて連絡がくる場合も(>_<)

和解の提案内容は各業者によってさまざまですが、満額返還にこだわる場合は、訴訟することになります。
ただ、訴訟となるとそれなりに時間と費用がかかります。
時間と費用をかけて訴訟する価値のある額か…を考える必要もでてきます。

尚、「最後に返済した日」から10年で、過払い金は時効になってしまいます。
計算した結果、過払い金が発生していても、完済して10年たっていると1円も取り戻せません(^_^;)

過払い金の現実、あんまり甘くないです。


…と、ここまでネガティブなお話になってしまいましたが。
過払い金返還で、ちょっとしたボーナス気分を味わえるケースも勿論あります。
残債務が減額になった上、別のもう1社から過払い金の返還を受けた分で完済できて、借金が0になったケースもあります。

過払い金が発生しているか、とりあえず計算だけしたいという方に、弊所では引き直しサービスも行っております。
長く返済されている方、完済した方、やってみる価値は十分にありますよ!