相続手続きについて


相続手続きのご相談

そもそも、何をすれば良いのかがわからない!

どこに相談すれば良いかわからない!

 

相続手続きについてお困りの方は、お気軽に司法書士藤井事務所へお問合せ下さい。

初回の相談料は無料です。

 

相続手続きは非常に煩雑で、専門的知識がないと中々スムーズに進みません。

当事務所では、司法書士業務として相続手続きに携わるとともに、相続人皆様の委任により、相続財産管理業務を行っております。

不動産の名義変更だけでなく、預貯金・株式・生命保険等の手続きもサポート致します。

また、税理士や弁護士とのネットワークを生かし、あらゆる相続のご相談に対応可能です。

一般的な相続手続きの流れ

項目 手続き内容
遺言書の確認 自筆証書遺言の場合は裁判所での検認が必要です。
 相続人の確定

 まず相続人が誰なのかを確定するために、亡くなった方の「出生から死亡に至るまでの全ての戸籍謄本」を揃える必要があります。

戸籍法の改正や、引越し・結婚に伴う転籍・除籍によって、戸籍は何通にも渡ります。

遠方の市区町村での調査が必要な場合もあり、また、古い戸籍は記載事項を読み取っていくことが非常に困難です。

相続財産の調査

亡くなった方の相続財産を調査します。

財産だけでなく、負債がないかも確認が必要です。

相続を承認するか・放棄するかを決定

相続の限定承認・放棄の手続きは、自分が相続人であると知った日から3ヶ月以内にしなければなりません。

被相続人の所得税の申告

亡くなった方に所得があった場合、相続人による準確定申告が必要です。

申告は、亡くなった事を知った日(被相続人の死亡した日)の翌日から、3ヶ月以内にしなければなりません。

遺産分割協議

亡くなった方の遺産を、誰が承継するのかを協議します。

合意内容に沿った遺産分割協議書を作成し、相続人全員が署名・実印の押印をします。

各相続財産の名義変更手続き

遺産分割協議書に基づいて、各機関で相続手続きを行います。(不動産・預貯金・株式等)

相続税の申告

相続税の申告は、相続財産によって不要な場合もあります。

申告は、亡くなった事を知った日(被相続人の死亡した日)の翌日から、10ヵ月以内にしなければなりません。